袴田さんは、やってもいない強盗殺人放火事件の犯人とされた冤罪被害者です。3年前に出された静岡地裁の再審開始決定によって釈放され48年ぶりに故郷浜松に帰ってきました。しかし、検察が非を認めないため、高裁で係争中です。
30歳で逮捕された袴田さんは、48年という気が遠くなるような過酷な長期監禁、しかも33年間は死刑囚として毎日死の恐怖と闘う中で、心身が傷つき現在回復途中です。
袴田さんはとても温厚で物静かな紳士です。「こんにちは」と声をかけていただくと本人もうれしいことと思います。ただ高齢(81歳)で耳が遠いため、小さな声で話しかけられても聞こえない場合もあります。

袴田さんの裁判は、世界的にも高い関心が寄せられており、日本国内のみならず注目されています。どうか皆様、袴田さんの事情をご理解頂き、あたたかく見守っていただけますようお願い申し上げます。
ぜひ、当会のホームページをご覧ください。ブログで袴田さんの日常も紹介しています。

» 「浜松・袴田巖さんを救う市民の会」ホームページはこちら